妊娠の症状で悩んでいませんか…

妊娠はお母さんを素直に変えるといわれます。             でも実際は妊娠すると不安な症状ばかりが…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

妊娠から7週を迎える赤ちゃん

妊娠とは精子と卵子が受精した受精卵が
女性の子宮内膜に着床して初めて成立するものです。

受精した受精卵が女性の子宮内膜に着床し
妊娠が成立せるまでの期間はおよそ3週間ほどですが

受精したときが妊娠2週、その後受精卵は細胞分裂を繰り返し1個が2個
2個が4個、4個が8個…というふうに細胞数を増やしながら

約1週間をかけて卵管を通り子宮内膜に着床します。

これが妊娠!「おめでた」です。

妊娠から6週を迎えたお母さんの体内にいる赤ちゃんは
まだヒトの形が形成されておらず長い尾やえらのようなものがあるため

胎芽(たいが)と呼ばれています。

妊娠6~7週のころの赤ちゃんを超音波で見てみると

胎嚢(たいのう)と呼ばれる袋の中に胎芽が納まっており
その胎芽の横には卵黄嚢という丸い輪が見えるのですが

この時期の赤ちゃんはその卵黄嚢から栄養をもらっているのです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。