妊娠の症状で悩んでいませんか…

妊娠はお母さんを素直に変えるといわれます。             でも実際は妊娠すると不安な症状ばかりが…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

安産をめざして

妊娠しお産が近づいたお母さんと同じように赤ちゃんにも
なるべく楽に窮屈な産道を早く通り抜けてほしいものです。

赤ちゃんが産道を滑らかにくぐりぬけるためには
妊娠したお母さんの恥骨の結合が緩み骨盤が開きやすくなることが必要です。

しかし産道は急にはやわらかくならないため出産が近づくと
入念なリハーサルとして子宮収縮や前駆陣痛が繰り返されます。

この時期妊娠したお母さんにとって頻繁に驚かされる

「腰が重い」「恥骨や足の付け根が痛い」「おりものが増える」
「少し時間が経つと消える"陣痛もどき"」などの症状も

お母さんを一緒にがんばろうとする赤ちゃんからの呼びかけなのです。

またおなかが重くトイレも近くなることで夜の睡眠も不足ぎみになりがちですが

これは出産後、昼夜を問わず泣いたら世話をしなければならない
赤ちゃんとの生活に備えたからだの準備と考えておきましょう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。