妊娠の症状で悩んでいませんか…

妊娠はお母さんを素直に変えるといわれます。             でも実際は妊娠すると不安な症状ばかりが…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

早産と妊娠中毒症

早産には妊娠したお母さんの体質的な問題以外にも

妊娠中毒症や糖尿病などで体内の子宮環境が悪くなり胎内の赤ちゃんが悲鳴をあげ
もう体内に居れるのはこれまで!と判断して出てくる場合があります。

また現在では子宮の感染によりからだが起こすさまざまな対抗処置が
出産を誘発し早産につながるという説も有名になってきました。

妊娠中毒症とは妊娠したお母さんのからだにむくみが生じたり
尿たんぱくが出たり、血圧が上昇したりする症状のことですが

これらはなんらかの理由で妊娠したお母さんの血管細胞が損傷し
血管内の水分やたんぱく成分が血管外に漏出したときに起こると言われています。

妊娠によってお母さんのからだに過度の負担がかかり
母体が悲鳴を上げている状態…これが妊娠中毒症なのです。

ひと昔前は胎盤からの毒で中毒になると言われたものですが
実際には胎盤から毒が出ることなどありえません。

この妊娠中毒症は早期に発見し対応する必要がありますので
妊娠の健診で毎回尿や足のむくみ、血圧を測定するようにしましょう。

軽度なら安静に過ごすのが一番ですし
からだに良いものを食べて休養し負担をかけ過ぎないことが大切なのです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。